【未経験者注目】就職に強いプログラミングスクール選びの決定版

目的ごとに厳選!
おすすめのプログラミング
スクールSELECTION
未経験からプログラマーになるためのおすすめプログラミングスクールガイド » 就職におすすめのプログラミングスクールと費用まとめ » インターネットアカデミー

インターネットアカデミー

プログラミングの初心者から海外進出を目指す人までが通っているインターネットアカデミー。スクールの特徴やカリキュラムなどについて紹介します。

インターネットアカデミー公式サイト
画像引用元:インターネットアカデミー公式サイト
(https://www.internetacademy.jp/)

インターネットアカデミーの特徴

今の現場で使われている技術が学べる

インターネットアカデミーを運営している会社は、ITとグローバル人材育成に精通しているIBJという会社。そのため、スクールでのカリキュラムに「今」を反映させやすいと言います。webの最新技術を開発しているW3Cで活躍している講師陣もおり、最新かつ質の高いカリキュラムを提供してくれるでしょう。

インターネットにおける技術革新は速いサイクルで動いています。そうした動向を取り入れてくれるインターネットアカデミーなら、思い描いているプログラミングのスキルが得られるはずです。

厚生労働省認定の教育訓練給付金コースがある

「インターネットアカデミー」は受講費が必要となりますが、厚生労働省が認定した「教育訓練給付制度」を利用できるコースが豊富に用意されています。「教育訓練給付制度」とは、支払った受講料の上限20%、最大で10万円が国から支給されるという制度です。給付制度を利用するには一定の条件を満たしている必要があります。給付制度を利用できるのは、雇用保険に一定期間以上加入していること。「教育訓練給付制度」をはじめて利用するのであれば、雇用保険に1年以上加入していれば利用可能です。2回目以降の場合は、雇用保険に3年以上加入している人が利用できます。

ただしこれは過去に加入していた実績があれば誰でも利用できるのではなく、受講開始1年以内に加入していた実績があることが条件となっています。また、講座の8割以上を受講し、テキストの練習問題を理解していることも、給付制度を受け取る条件されているほか、カリキュラムに組まれているテストで、70点以上取っていることも必要条件とされています。講座はしっかり受講し、内容を習得することが重要とされていることがわかります。

教育訓練給付制度の対象となっているコースはいろいろとありますが、例えば「Webデザイナー検定コース+作品制作講座」の場合だと、受講料総額が496,285円。このコースで給付金制度を利用する場合、国から支給される金額の上限20%は99,257円となります。「Webデザイナー検定コース+プロデュース・ディレクション講座」では、講座費用の総額が530,229円、この場合講座費用の20%は100,000円を超えるので、支給額は100,000円となります。

ほかにもさまざまな対象コースがあり、費用がかなりかかるものも多いので、給付金制度を利用できるのはとても助かると思います。自分の目標とするWebの仕事と照らし合わせて、給付金制度を上手に利用しながらお得に講座を受講しましょう。

自分にあった受講スタイルが選べる

「インターネットアカデミー」の授業スタイルには、「ライブ授業」と「オンデマンド授業」、「マンツーマン授業」の3タイプがあります。このようにさまざまな授業スタイルを用意しているスクールは数多くありますが、それぞれの授業スタイルからどれかひとつを選ぶというシステムのスクールがほとんど。「インターネットアカデミー」では、3つの授業スタイルを都度選んで受講できるので、まさに「自分のペースで学ぶことができる」のです。

仕事をしながら学習する人は、スクールの開校時間に通うことができない人も多いと思います。基本的にはオンデマンドで授業を受け、わからないところは都合の合う時間に通学をして質問する、という汎用性の高い受講方法なので、「結局通えなかった」「理解できないまま終わってしまった」ということがありません。

「ライブ授業」では、現役でWeb業界で働いているインストラクターや、同じ講座を受講する仲間と一緒に授業を受けます。同じレベルの仲間と学ぶことでモチベーションを維持できますし、仲間と一緒にひとつの目標に向かって学びを進めるのは楽しいものです。

「マンツーマン授業」では、その名の通りマンツーマンでびっちり講座を進めることができます。わからないところはその場で質問し、すぐに回答が返ってくるのでハイペースで理解を進めることができるので、学習がはかどります。

いつでも自分のペースで学べる「オンデマンド授業」と組み合わせることで、より効率的に、そして前向きに学習を進めることができるのは、働きながら学ぶ人にとても適した学習スタイルです。

プログラミング入門コースは2万人が受講

入門コースではwebプログラマーの基礎中の基礎であるHTMLは当たり前のこと、装飾に欠かせないCSS、JavaScriptと一緒に学ぶことができます。制作ツールDreamweaverの使い方と合わせて「使える技術」が身に付きますよ。これまでに20,000人以上が受講している人気のコースです。

ほかにもサーバーサイドエンジニアになるためのITエンジニア入門コース、さまざまなコンテンツを作成するプログラマーコースがあります。どんなプログラマーになりたいかでコースを選択しましょう。

グローバルなスキルを身に付けられる

アメリカのニューヨークとボストン、インドのバンガロールにもスクールとラボを持っているインターネットアカデミー。それらは世界のトレンドを取り入れる窓口となっていて、入手した情報はカリキュラムに反映されます。つまり、世界が求めるスキルが明確に分かるのです。スクールで技術を身に付ければ、スキルを活かして世界中を相手にしたビジネスも可能。活躍の場がぐんと広がります。

インターネットアカデミーはこんな人におすすめ!

インターネットアカデミーは初心者はもちろん、海外進出を視野に入れている人におすすめのスクールです。夢は大きく持っているけど、まずは基礎から学びたいと言う人にピッタリと言えるでしょう。

10秒でおすすめが分かる!
【就職に強い】
プログラミングスクール3選

インターネットアカデミーのカリキュラム

プログラマー入門コース

学習スタイル 通学、オンライン
学習形式 集団講義、マンツーマン
費用 155,623円(税込)
受講期間目安 1~3ヶ月
受講対象者 希望者 将来的にグローバルに活躍したい人
選考試験の有無 なし

インターネットアカデミーの就職サポート

オリジナル作品の制作やチームで行なう実践プロジェクトといった就職に役立てるための作品作りや、インターンシップやキャリアサポートなど実際の就職に直結するサービスも。また、フリーランスや在宅勤務を希望する生徒の要望に応える支援コミュニティなどもあり、理想の働き方に出会えるようサポートしてくれます。

インターネットアカデミーの基本情報

運営会社 インターネット・ビジネス・ジャパン株式会社
スクール所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー5F
(ほか新宿、アメリカ、インド校あり)
開校時間 平日 10:00~21:00
土日 10:00~19:00
休校日 GW、夏季休暇、ほか要問合せ
目的ごとに厳選!おすすめのプログラミングスクール
JAVA VS PHP エンジニアになるまでの進路比較
JAVA VS PHP エンジニアになるまでの進路比較
関連ページ
メインメニュー