【未経験者注目】就職に強いプログラミングスクール選びの決定版

目的ごとに厳選!
おすすめのプログラミング
スクールSELECTION
未経験からプログラマーになるためのおすすめプログラミングスクールガイド » エンジニアになりたい人のための職種図鑑 » インフラエンジニア

インフラエンジニア

インフラエンジニアはサービスの基盤です。インフラエンジニアの仕事内容、必要なスキル、勉強法などについてまとめました。

インフラエンジニアの基本情報

仕事内容 ITインフラの設計構築、運用保守
必要な能力・スキル ネットワーク知識、OS知識、ハードウェア、ミドルウェア、仮想化、クラウド環境技術
勉強法 スクール、独学
年収 300万円~600万円
将来性

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの仕事は、システムを動かす環境や通信設備を構築・運用することです。通信ネットワークの構築・運用やデータを保存するサーバー機器、クラウド環境の導入を行います。どのような環境を構築するか、設計書を書くこともあります。

プロジェクトの規模が大きくなると複数人のチームで動くこともあるため、コミュニケーション能力やマネジメント能力も必要。安定した稼働のために尽力を尽くす、縁の下の力持ち的な存在です。

プログラミングが出来なくてもこなせる仕事ではありますが、Perl、Python、Rubyといったちょっとした指示を書けるLL言語を習得しておくと今後の業界でも生き残りやすくなります。

インフラエンジニアに必要な能力・スキル

インフラエンジニアになるための勉強法

スクール

インフラエンジニアを目指すコースがあるスクールがおすすめです。プログラミングにも対応できるインフラエンジニアを目指すなら、LL言語(Perl、Python、Ruby)、C言語なども身につけるといいですね。また、インフラエンジニアはマネジメント能力やタスク管理能力も問われるため、人と関わり合いながら成長できる通学形式のスクールがいいでしょう。

プログラミングの知識だけでなく、チームとして行動する強みや目的意識の持ち方などを学ぶようすると、卒業後の就活にも役立つはずです。

独学

独学で必要言語の解説本やネット上のサービスを利用してプログラミングを学ぶことができます。企画運営のためのフレームワークなども一緒に学んでおくと、インフラエンジニアとして働く際に役立つでしょう。

プログラミングの知識だけでなく、社会人としての知識も役立てることができるのがインフラエンジニアです。

インフラエンジニアの年収

20~30代の平均年収は300万円~600万円程度。その人のポジションやスキルによる差は見られるものの、300万円~600万円が平均となっています。一番多い収入帯は400万円台です。企業の中でポジションを上げたり、スキルアップができると、年収アップに繋がります。

インフラエンジニアのキャリアパスと将来性

キャリアパス

現場で経験を積み、プログラミングの知識やチームをまとめる力を身に付けていくことが、インフラエンジニアとして活躍し続けるために必要です。言われたことをこなすだけではなく、積極的に仕事を進めていく姿勢も問われます。

将来性

企業のデーターベースのクラウド化やWeb・仮想化が今後も進んでいくと考えられているため、インフラエンジニアの需要は高まっていくことが予想されます。

目的ごとに厳選!おすすめのプログラミングスクール
JAVA VS PHP エンジニアになるまでの進路比較
JAVA VS PHP エンジニアになるまでの進路比較
関連ページ
メインメニュー