【未経験者注目】就職に強いプログラミングスクール選びの決定版

目的ごとに厳選!
おすすめのプログラミング
スクールSELECTION
未経験からプログラマーになるためのおすすめプログラミングスクールガイド » エンジニアになりたい人のための職種図鑑 » ゲームプログラマー

ゲームプログラマー

ゲームシステムの構築をおこなうゲームプログラマーの基本情報や仕事内容、必要なスキルなどをまとめています。

ゲームプログラマーの基本情報

仕事内容 ゲームのプログラムを組む
必要な能力・スキル C++、C#
勉強法 スクール、独学
年収 300万円~500万円
将来性

ゲームプログラマーの仕事内容

ゲームプログラマーは仕様書(システム)に沿ったプログラムを構築していくのが主な仕事です。プログラミングのスキルはもちろんのこと、仕様書を理解する読解力も必須です。また、企画段階からかかわることもあります。ゲームプログラマーはゲーム開発において「できる」「できない」を明確に把握しているためです。

ゲームプログラマーになるにはC++やC#といったプログラミング言語の知識とスキルが必要になります。言語をそのまま使うこともありますし、C言語を使って作られたツールを使用することもあるためです。海外プログラマーとのやり取りや最新技術の情報読解などに必要な英語力もあると重宝されますよ。

ゲームプログラマーに必要な能力・スキル

ゲームプログラマーになるための勉強法

スクール

ゲームプログラマー用のコースを用意している学校やプログラミングに特化している学校でゲーム制作に必要なスキルを学ぶことができます。スクールの良い点は、不明点があっても講師がきちんと教えてくれるだけでなく、同じゲーム好きの仲間に出会えることです。

基本的にチームで働くゲームプログラマーの場合、人とのコミュニケーション能力は必須。せっかく学校に行くのなら、チーム力の高め方も一緒に学んでしまいましょう。知識とスキルをスクールで身に付ければ、就職に有利に働きます。

独学

独学の場合、テキストやオンラインツールを駆使してプログラミングを学ぶことができます。問題点は、プログラミングだけではゲームの完成が難しいこと。ゲームシステムにもよりますが、ストーリーや絵、音楽といった要素も必要になるため、1人でゲームを作るのは大変難しいのが現状です。

そうではなく、言語だけを学びゲーム会社へ就職を希望するのであれば、有利な資格も取っておくと良いでしょう。

ゲームプログラマーの年収

20~30代の平均年収は300万円~500万円程度。ゲームの根幹を担う職種でありながら、他のエンジニアとくらべると少し低い平均年収となっています。しかし、大企業に勤めるゲームプログラマーの場合+200万円ほど増えるようです。就職先により、年収は大きな差があります。

ゲームプログラマーのキャリアパスと将来性

キャリアパス

企業に勤める場合、昇進することで年収をアップできます。そのためには、プログラミングの知識幅を広げることと合わせてチームを持ち成長させるスキルを身に付けましょう。また、ヒット作を生み出す企画力も習得できれば、会社だけでなくユーザーにも必要とされる人材になれます。

将来性

ゲームプログラマー業界は慢性的に人手不足と言われています。また、次々と新しい技術が開発されているため、知識欲が高い人ほど生き残っていくでしょう。ゲームプログラマーの需要は今後も高いことが予想されます。

目的ごとに厳選!おすすめのプログラミングスクール
JAVA VS PHP エンジニアになるまでの進路比較
JAVA VS PHP エンジニアになるまでの進路比較
関連ページ
メインメニュー