【未経験者注目】就職に強いプログラミングスクール選びの決定版

目的ごとに厳選!
おすすめのプログラミング
スクールSELECTION
未経験からプログラマーになるためのおすすめプログラミングスクールガイド » エンジニアになりたい人のための職種図鑑 » フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアになるために知っておきたい情報をまとめました。仕事内容や年収など気になるポイントをチェックしましょう。

フロントエンドエンジニアの基本情報

仕事内容 Webサイトの構築やカスタマイズ
必要な能力・スキル JavaScript、HTML・CSS3、PHP、CMSなど
勉強法 スクール、独学
年収 400万円~600万円
将来性

フロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアはWebサイトの構築やカスタマイズが主な仕事です。

デザイナーが組んだデザインを元にして、Webサイトを作っていきます。HTML・CSSでの作業はもちろんのこと、動的なコンテンツにするためのJavascript、編集ツールのCMSの知識や操作スキルなども必要です。

また、近年はPC用サイトだけでなくスマートフォンやタブレットからサイトにアクセスするユーザーも増えています。それぞれに対応したWebサイトが求められているため、UI/UXやSEOなど幅広い知識が必要です。

フロントエンドエンジニアに必要な能力・スキル

使用言語や技術スキル

必要な能力

役立つ資格

Webクリエイター能力認定資格、ウェブ解析士など。しかし、フロントエンドエンジニアに資格は必要ない

フロントエンドエンジニアになるための勉強法

スクール

HTML・CSSやJavascriptといった、Webシステムのデザイン部分を開発するのに必要な知識を教えてもらえるというのがスクールの最大のメリット。疑問を解消しながら知識を深められるため、効率的です。

決まった日時に通学の必要がある場合、時間のやりくりが上手くいかず、勉強がなかなか進められないというデメリットがあります。しかし、授業時間が自由に選択できるマンツーマン形式のスクールなら、スケジュールが開いている日に通えるので、無理なく卒業まで通えますよ。

独学

自分の好きな時間を使ってテキストやオンラインビデオ講習などを利用し独学で知識を深めることができます。マイペースに勉強できるのがメリットです。

デメリットはモチベーションの維持や知識の偏りです。勉強が続かなかったり、せっかく一通りのことを勉強できても使えないスキルを身に付けてしまったりしては意味がありません。

フロントエンドエンジニアに今必要とされているものが何かを調べたうえで、自主学習に取り組みましょう。

フロントエンドエンジニアの年収

20~30代の平均年収は400万円程度。年齢よりもスキルが考慮されるため、20代という若さで年収400万円も夢ではありません。また、若いうちからスキルや知識を身に付けておけば、企業勤めエンジニアの場合昇進スピードが速くなるでしょう。

フロントエンドエンジニアのキャリアパスと将来性

キャリアパス

新しい技術が次々と開発されるIT業界。基本のプログラミング知識はもちろんのこと、アンテナを高くしてトレンドを逃さないようにすると、仕事の幅が広がっていくでしょう。

将来性

今後はモバイル端末からのアクセスに強いサイトが求められるでしょう。そうしたユーザーのニーズを満たせるフロントエンドエンジニアであれば、将来性もあると言えます。

目的ごとに厳選!おすすめのプログラミングスクール
JAVA VS PHP エンジニアになるまでの進路比較
JAVA VS PHP エンジニアになるまでの進路比較
関連ページ
メインメニュー