【未経験者注目】就職に強いプログラミングスクール選びの決定版

目的ごとに厳選!
おすすめのプログラミング
スクールSELECTION
未経験からプログラマーになるためのおすすめプログラミングスクールガイド » エンジニアになりたい人のための職種図鑑

エンジニアになりたい人のための職種図鑑

このカテゴリではプログラマー(エンジニア)にどのような職種があるのかをまとめています。さまざまな分野があるので、自分が進みたい分野を探してみてくださいね。

さまざまなプログラマーの仕事

ひとえにエンジニアといっても、システムエンジニア、プログラマーと担当業務によって名称が分かれています。主にシステムの設計を担当するのがシステムエンジニア、運用に必要なプログラムを組むのがプログラマーです。両者を分けて考えている企業もありますが、両方をこなす人も多いため、このサイトではシステムエンジニアとプログラマーはほぼイコールとして扱っています。

プログラマーにはどのような仕事内容があるのか、見てみましょう。

フロントエンドエンジニア

Webサイトのデザイン構築やカスタマイズが主な業務です。近年は携帯端末からのアクセス増加により、PCサイトだけでなくモバイルサイトの構築に必要な知識やスキルも求められています。プログラミング知識だけでなく、ユーザーが使いやすいサイト設計の知識も必要です。

必要な言語  JavaScript、HTML5・CSS3、PHP、CMSなど
平均年収 400万円~600万円

フロントエンドエンジニア
についてもっと詳しく見る

サーバーサイドエンジニア

ユーザーの目には見えない、Webシステムの裏側の仕組み部分の開発が主な業務です。JavaやPHP、C言語などのプログラミング言語を使ってプログラムを組んでいきます。ソフトウェア、ハードウェアの知識の他に、セキュリティに関することや時にはフロントエンドエンジニアが持つ知識が必要になることもあります。IT化の波はますます高まってくるため、今後も欠かせない職業と言えるでしょう。

必要な言語  Java、PHP、C、Ruby、Python、Perlなど
平均年収 600~800万円

サーバーサイドエンジニア
についてもっと詳しく見る

インフラエンジニア

通信ネットワークの構築・運用やデータを保存するサーバー機器、クラウド環境の導入を行うのが主な業務です。従来はインフラ・ネットワーク環境の構築・運用に重点が置かれていた職業でした。近年はWebシステムの開発経験やプログラミングの知識がある人の方が重宝される傾向にあります。

必要な言語 ネットワーク知識、OS知識、ハードウェア、ミドルウェア、仮想化、クラウド環境技術
平均年収 300万円~600万円

インフラエンジニア
についてもっと詳しく見る

ネイティブアプリ開発エンジニア

AndroidやiOSなどの端末で動作するアプリ(ネイティブアプリ)を開発するのが仕事です。企業においては、仕様書に沿ってアプリのプログラムを構築していきます。フリーランスや副業としてアプリ開発をおこなっている人もいるほど、人気の業種です。

必要な言語 Objective-C、Swift、Unity、Java、Javascript、C#
平均年収 400万円程度

ネイティブアプリ
開発エンジニア
についてもっと詳しく見る

ゲームプログラマー

ゲーム好きなら誰もが憧れる職業の1つ。ゲームシステムを仕様書にそって構築していくだけでなく、ゲームの企画から関わることもある仕事です。ゲーム制作はチームで動くため、プログラミングのスキルと合わせて協調性もある程度必要になってきます。

必要な言語 C++、C#
平均年収 300万円~500万円

ゲームプログラマー
についてもっと詳しく見る

目的ごとに厳選!おすすめのプログラミングスクール
JAVA VS PHP エンジニアになるまでの進路比較
JAVA VS PHP エンジニアになるまでの進路比較
関連ページ
メインメニュー