【未経験者注目】就職に強いプログラミングスクール選びの決定版

目的ごとに厳選!
おすすめのプログラミング
スクールSELECTION
未経験からプログラマーになるためのおすすめプログラミングスクールガイド » プログラマーになるには?知っておきたい予備知識

プログラマーになるには?知っておきたい予備知識

「手に職をつけるためにプログラミングを学びたい!」「プログラマーになるにはどうしたらいいんだろう」と考えている人に知っておいてもらいたい予備知識をまとめています。

プログラマーになるには?

第二新卒・中途者としてプログラマーになるには、実務で通用するようなスキルや経験をもっている必要があります。

プログラマーとして働くのに資格や学歴はほとんど必要ありません。理系の大卒・大学院卒の需要がやや高いものの、プログラマーは全体的に人手不足なので求人が多く、比較的就職しやすい業種だといえます。

未経験が前提の新卒者に対しては間口が広いのですが、第二新卒や中途者の場合は「専門的な知識と技術」をしっかりと身についている即戦力の人材が求められているのが現状です。

種類と仕事内容

プログラマーが普段、どのような仕事に携わっているのかを解説。さらに、プログラマーとひとくちに言っても、業務内容は多岐に渡ります。使える言語によってWebサイト作りや通信プログラムの開発、アプリゲームの作成など、できる仕事はガラリと変わるものです。

こちらでは、プログラマーが行う仕事や、プログラマーの種類、どんなところに就職できるのかについてまとめています。

プログラマーの種類&仕事内容を詳しく見る

現状と将来性

「プログラマーになりたい!」という決意を固めていても、プログラマーのニーズや将来性は気になるところです。「AIが発達して自動的にコーディングができるようになれば、プログラマーはいらなくなるのでは?」という意見もあって、プログラマーという職業について不安を覚えている人も多いのではないでしょうか?しかし、プログラマーの将来はそこまで暗いものではありません。

こちらでは、プログラマーの現状と将来性についてまとめています。

プログラマーの現状と将来性を詳しく見る

働き方と給料

プログラマーという職業について「3Kの仕事」だと思っている人もいるのではないでしょうか。「きつい」「帰れない」「給料が安い」の頭文字を取って3Kと呼ばれるようになったそうです。しかし、プログラマーという職業は本当に3Kなのでしょうか?こちらでは、プログラマーの働き方と給料について詳しくまとめています。

プログラマーの働き方と給料を詳しく見る

目的ごとに厳選!おすすめのプログラミングスクール
JAVA VS PHP エンジニアになるまでの進路比較
JAVA VS PHP エンジニアになるまでの進路比較
関連ページ
メインメニュー