【未経験者注目】就職に強いプログラミングスクール選びの決定版

目的ごとに厳選!
おすすめのプログラミング
スクールSELECTION
未経験からプログラマーになるためのおすすめプログラミングスクールガイド » 未経験からプログラマーになるには

未経験からプログラマーになるには

未経験からプログラマーになるためのノウハウや考え方を解説しています。プログラマーとして就職するには企業側が未経験者に何を求めているか適切に把握しておくことが大切です。

採用企業が求める未経験人材とは?

プログラマーの求人で「未経験者歓迎」と書いてあっても、企業は「まったくプログラミング知識がない初心者でも大丈夫」と考えているわけではありません。あくまで「プログラマーとして働いたことがない実務の未経験者」を未経験者と呼んでいるのであり、「未経験者歓迎」の求人で最低限の知識とスキルは必要なのです。まずはきちんとスクールに通って、まずはプログラミングの基礎から学びましょう。スクールに通わず独学で学ぶ場合は参考書を読むだけでなく、自分のポートフォリオや開発実績を持って行かないと選考では評価してもらえません。

「未経験者」に企業が求めているのは、プログラマーに必要な基礎的な知識・スキルと、成長の伸びしろです。即戦力でない人材を雇い、コストを払って教育するのですから、採用後に大きく成長してくれなくては企業としては困ります。そのため、採用担当者はこれから成長できる人材かどうか、成長する意欲が高い人材かどうか着目して、採用応募者を選考するのです。

企業の担当者が「採用したい!」と感じる人材になるには、プログラミングスクールに通うのが近道。スクールに通うことでプログラマーとして就職するのに必要な知識とスキルをしっかり身につけられます。また、プログラマーを目指してスクールに数ヶ月通い、きちんと卒業したという実績は、採用担当者が期待する「成長する意欲が高い人材」であることをアピールする手段ともなるのです。

年齢など未経験から
プログラマーになるための
採用基準についてもっと詳しく

未経験者が行うべき就活方法

プログラミングスクールでプログラマーに必要なスキルや知識をしっかり身につけたら、いよいよ就職活動です。プログラマーとして採用してくれる企業を探し、書類選考や面接を受けることになります。

就活において押さえておくべきは「就職エージェント」の存在です。IT業界の就活事情に詳しくない未経験者は、どんな企業が自分に合っているのか、どうやって応募書類を書けば書類選考を通過できるのか、面接ではどんな自己PRをするべきなのかわからず、途方にくれてしまうこともあるでしょう。就職支援をしてくれる就職エージェントに依頼すれば、応募書類の作成や面接対策、企業への応募まですべて代行してくれます。企業の情報や様々なアドバイスもくれるので、未経験者でもスムーズに就活できるでしょう。

スクールに通う際、就職エージェントを兼ねている、キャリアコンサルタントが在籍するスクールを選んでおくと就活をより有利に進められますよ。

未経験から
プログラマーになるための
就活方法をもっと詳しく

未経験者からプログラマーに!
体験談を詳しく

プログラマーを目指して日々努力していると、ふと「本当にプログラマーになれるんだろうか?」「未経験からプログラマーになるのはムチャなのでは?」と不安になることもあるでしょう。そんな時には、未経験者からプログラマーになり活躍している先輩たちの体験談を読んでみてはいかがでしょう。自分の歩むべき道筋がイメージできるようになり、モチベーションも上がるはずですよ。

未経験からプログラマーに!
体験談をもっと詳しく

目的ごとに厳選!おすすめのプログラミングスクール
JAVA VS PHP エンジニアになるまでの進路比較
JAVA VS PHP エンジニアになるまでの進路比較
関連ページ
メインメニュー