【未経験者注目】就職に強いプログラミングスクール選びの決定版

目的ごとに厳選!
おすすめのプログラミング
スクールSELECTION
未経験からプログラマーになるためのおすすめプログラミングスクールガイド » プログラミングスクールの選び方とチェックポイント » 無料スクールのメリット・デメリット

無料スクールのメリット・デメリット

0円でエンジニアに必要な知識やスキルを身に着けられる無料プログラミングスクール。お金がかからない理由やメリット・デメリット、注意点を紹介します。

なぜ無料で受けられるの?

入学金や受講料金が無料なのにスクールが成り立つのは、スクールで育成した受講生をエンジニアとして提携するIT企業に紹介して、採用企業から成果報酬を得ているためです。エンジニアは専門性の高い職種なので、IT業界では人材が不足気味。人材の確保に手を焼いている企業は多くあります。無料プログラミングスクールは人材を紹介する代わりに、企業からお金をもらってスクールを運営しているというわけです。

費用をかけずにスキルを身につけられるので良いことずくめのように思える無料プログラミングスクールですが、もちろん気をつけなくてはならない面もあります。メリット・デメリットを把握して、スクールを選ぶようにしましょう。

無料スクールのメリット

基本的に無料で受けられる

無料スクールの最大のメリットと言えるのが0円でエンジニアに必要な技術を身に着けられること。一般的なスクールでは数十万円する費用がかかりません。失業中だったりフリーターをしていたりと、IT業界に挑戦したいと思いつつお金の面で不安を抱える方でも安心して学べる環境です。

就職まで面倒を見てもらえる

無料プログラミングスクールは採用企業からの成果報酬でスクールを運営しているので、「卒業後に企業へ正社員就職すること」を目的とした就職支援が受けられます。IT企業への就職が前提となっているため、プログラミングの知識だけでなく履歴書の書き方や面接対策、企業への推薦など受講生の就職活動を手厚くサポート。IT企業への就職を志望している人には至れり尽くせりのスクールと言えます。

無料スクールのデメリット

スクールの提携企業へ就職することが前提

無料スクールは、提携企業への就職・転職することが条件で無料になっていることがほとんどです。趣味の1つとしてプログラミングを習いたい人や、企業への就職・転職を考えていない人は基本的に無料スクールを利用できません。就職・転職を希望しない場合は、有料の学習コースを受けることになる可能性が高いでしょう。

入学条件や試験があることが多い

ほとんどの無料スクールでは、企業へ質の高い人材を紹介するために入学条件や入学試験を設けられています。スクールによって異なりますが、年齢・スキル・学歴が問われる場合があるので注意が必要です。

無料スクールを選ぶなら注目したい点

就職先の選択肢が多く用意されているか

無料プログラミングスクールでも、提携企業への就職ではなく、そのスクールの運営会社やグループ会社に就職することで受講料金が無料になっている場合があります。自社のエンジニアを増やすために運営しているスクールも少なからずあるので注意しましょう。運営会社やグループ会社以外への就職を希望すると受講料金が有料となってしまうことがあります。あらかじめ卒業生の就職先企業をチェックしてみて「提携企業への就職か自社採用か」「自分が就職したい企業があるか」を見ておくと安心です。

「就職が成功したときのみ無料」など条件がついていないか

提携企業や運営会社、グループ会社に就職せずにスクールをやめる場合には、違約金などが発生することがあります。スクールによってシステムが異なるので、どこまで無料で利用することができるのか、無料で受けるために条件がつけられていないかを入学前に確認しておきましょう。

目的ごとに厳選!おすすめのプログラミングスクール
JAVA VS PHP エンジニアになるまでの進路比較
JAVA VS PHP エンジニアになるまでの進路比較
関連ページ
メインメニュー