【未経験者注目】就職に強いプログラミングスクール選びの決定版

目的ごとに厳選!
おすすめのプログラミング
スクールSELECTION
未経験からプログラマーになるためのおすすめプログラミングスクールガイド » プログラミングスクールの選び方とチェックポイント » 気になるスクールの学習スタイル・形式を比較

気になるスクールの学習スタイル・形式を比較

「通学とオンライン」「集団講義形式と個別学習形式」など、プログラミングスクールを選ぶ際に気になる要素を比較してみました。それぞれメリットやデメリットをまとめていますので、参考にしてみてください。

【学習スタイル比較】オンラインと通学は何が違うの?

オンラインと通学、それぞれの特徴やメリット・デメリットを比較してみました。

オンライン

オンラインによる授業の場合、あらかじめ用意された動画を視聴して学習を進めていくものとWebカメラや音声チャットを使ってリアルタイムで講師からレクチャーを受けるものに分けられます。

メリット

デメリット

通学

プログラミングスクールの教室に通い、講師から直接指導を受ける方法です。複数人で一緒に受ける場合や講師と受講生マンツーマンで行なわれる場合があります。

メリット

デメリット

【形式比較】集団と個別で学びやすさは変わる?

次に集団授業と個別学習の特徴やメリット・デメリットを比べてみましょう。

集団講義形式

学校や塾のように大勢の生徒を1人の講師が指導していくスタイルです。周りの環境から刺激を受けやすい人は、集団講義形式のほうがスキルを磨きやすいかもしれません。

メリット

デメリット

個別学習形式

講師と受講生が1対1で学習を進めていくスタイルです。自分のペースで学習を進めたい人にはピッタリ。理解できる単元はスピーディーに進め、分からないことをしっかり理解するのに時間を割くなど、カリキュラムを効率的に学べます。

メリット

デメリット

学習スタイルや学習の形式は、スキルや知識を効率的に身につけていくうえで大切な要素となるため、自分に合ったものを選ぶようにしてみてください。

プログラミングスクールへ通う目的がエンジニアとして企業に就職することであれば、通学&個別学習形式で学ぶのをおすすめします。自分の希望・レベルに沿ったカリキュラムが用意されるためモチベーションが保ちやすく、無理のないペースで確実にスキルを習得していけます。

体験授業や見学会を通して自分に合ったスタイルかを確認するのも1つの手ですよ。スクール選びの参考にしてみてくださいね。

目的ごとに厳選!おすすめのプログラミングスクール
JAVA VS PHP エンジニアになるまでの進路比較
JAVA VS PHP エンジニアになるまでの進路比較
関連ページ
メインメニュー